So-net無料ブログ作成
検索選択

日本の神話の原点・・? とある島への旅4

DSCN8201.jpg

おのごろ神社への参道です。昭和の高度経済成長前は、このような石段ではなく、苔むした風情のある石畳だったそうです。

DSCN8205.jpg

簡素な拝殿、そして本殿ではありますが、拝殿の奥には、イザナミとイザナギの絵がかけられています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

日本の神話の原点・・? とある島への旅3

DSCN8254.jpg

沼島(ぬしま)の遠景です。周囲10キロ程度しかありません。私には、南米のイースター島にある、モアイ像が横たわっているようにも見えるのですが・・・。ただ、日本的に、ちょっと鼻高が低いのが特徴かな?

この沼島、上空から見ると、古代の勾玉(まがたま)のような形をしているのだそうです。む~、それだけでも、「オノゴロ島」の伝説にリアリティが付与されているのだろうか・・。

DSCN8255.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

日本の神話の原点・・? とある島への旅2

DSCN8189.jpg

淡路島の土生港からの15分程度の船旅を終えると、港からすぐにウォーキングが始まります。

ここは、淡路島の南に位置する小さな島、沼島(ぬしま)と呼ばれる場所です。港からすぐに「おのごろ神社」へと続く里山の中の道を歩き始めます。

DSCN8196.jpg

不思議ですね・・。自凝神社と書いて、おのごろ、と読むのですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

日本の神話の原点・・? とある島への旅1

日本の神話の原点といえば、古事記や日本書紀。それぞれの始まり部分には、イザナギノミコトとイザナミノミコトという男性神と女性神が、国生みをおこなう場面があります。

その国生みの物語の、これまた最初の部分に、「オノゴロ島」というのが出てきます。両神が「オノゴロ島」にて夫婦の契りを交わしたのち、淡路島から始まる大八島を造っていった、との記載があるのです。

淡路島や壱岐、隠岐、四国などなどの島々の名前は、現代にも受け継がれており、地名としても確認できるのですが、「オノゴロ島」については、場所の確定などが不明瞭となっています。

この「オノゴロ島」・・・。さてさて、どこのことなのでしょうか? また、実際に存在している島なのでしょうか・・? ということで、今回は、その神話の謎が漂う、周囲10キロ程度、人口450人前後のとある島にウォーキングに出掛けたのでした。

DSCN8180.jpg

この橋は、鳴門大橋。走行方向は、西から東へ・・。ということは、四国から淡路島へと向かっています。

DSCN8183.jpg

淡路島のとある港です。これから、「オノゴロ島」に密接な関係のある、小さな島への船旅が始まります。といっても、乗船時間は、ものの15分程度ですが。

さ~て、どこの島なのでしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

日本の風景・共生への距離感(屋久島)

ヘルスツーリズムにも関連する、自然と共生する上での距離感とは・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

クマン岳からの下山路

DSCN8116.jpg

大岩の傍を下山していきます。

DSCN8128.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

帆立岩~クマン岳へ

DSCN8080.jpg

帆立岩です。

DSCN8105.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

古鷹山~クマン岳縦走路

DSCN8058.jpg

DSCN8079.jpg

帆立岩付近を歩いています


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

古鷹山の山頂です。

古鷹山の山頂です。

DSCN8031.jpg

クマン岳への縦走路。

DSCN8051.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

里山登山学校第36回その1

DSCN8004.jpg

本日は、里山登山学校第36回企画・古鷹山~クマン岳の縦走です。

DSCN8016.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

瀬戸内海の絶景満喫・倉橋火山その6

DSCN7319.jpg

火山の頂上から瀬戸内海を見ています。ここは、竜宮城へと向かう亀の甲羅の上・・?

DSCN7326.jpg

DSCN7330.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

瀬戸内海の絶景満喫・倉橋火山その5

DSCN7304.jpg

後火山頂上までの途中には、絶景満喫できる展望所があります。

DSCN7312.jpg

こちらは、火山の山頂にある巨石の上にたつ人たちです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

瀬戸内海の絶景満喫・倉橋火山その4

DSCN7300.jpg

ちょうど、ここが後火山との分岐点となっています。ここで、荷物をおいてピストンにて、後火山と火山、両方を登ります。

DSCN7301.jpg

後火山への登り坂。背後に、火山の頂上が見えています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

瀬戸内海の絶景満喫・倉橋火山その3

DSCN7294.jpg

登り始めて約1時間、背後に瀬戸内海の煌めく海面が見え始めます。

DSCN7299.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

里山ガイド養成講座・第四回目その3

DSCN7266.jpg

安芸太田町・消防署員の方からの普通救命法の講習です。

DSCN7271.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

里山ガイド養成講座・第四回目その2

DSCN7253.jpg

みんなで協働作業を展開中です。ガイドと参加者も、安芸太田町の自然環境の中で、協働作業をおこなうのが、ヘルスツーリズムなのかもしれませんね。

DSCN7258.jpg

休憩前には、健康運動指導士の先生から、ストレッチを学びます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

瀬戸内海の絶景満喫・倉橋火山その1

DSCN7283.jpg

新しい音戸の橋。ここまで出来上がっていました。

DSCN7288.jpg

倉橋火山は、落ち葉登山といってもいいくらい、秋から春まではこのような、ふかふかの状態になっています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

坂の上の雲・所縁の土地レポート4

DSCN7195.jpg

この急な階段は、何の為・・?

明治時代の要塞である、この場所には、対艦船用の巨大な砲台が設置されていたのです。艦船側からその砲台は見えないように工夫されているのです。

この砲台からは、ホームランの球筋のように、大きく弓なりの弧を描くように砲弾が飛んで行くのです。それだけに、艦船の位置を確認する監視塔が必要だったのです。

その監視塔への階段なのです。そして、階段を上ると下記の写真のような監視台があったのです。

DSCN7200.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

坂の上の雲・所縁の土地レポート3

DSCN7176.jpg

レンガ造りの味わい・・・。明治時代の建築物には、多くのレンガが使用されています。この芸予要塞では、ドイツのレンガ工法でイギリス式の積み方がなされていると聞きました。

DSCN7193.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

里山ガイド養成講座・第四回目その1

昨日は、広島県安芸太田町が養成する、里山ガイド講座の第四回目がありました。

前半は、私はメイン講師を務め、後半は、消防署員による普通救命法でした。

DSCN7248.jpg

ガイディング講座は、まずガイド候補生同士がお互いに興味をもちましょう、ということから新しいグループ編成をゲーム感覚で楽しみます。

DSCN7252.jpg

みんなで、お互いの得意な分野や興味のある関心事を話しあっています。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

日本最大級のドック・来島ドック

DSCN7145.jpg

日本最大級の船舶ドックである、来島ドックを海上から眺めています。

DSCN7159.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

坂の上の雲・所縁の土地レポート2

DSCN7174.jpg

上は、明治時代の弾薬庫跡地です。

そして下の円形サークルは、28センチ砲という巨大な砲台の備え付け台座です。

さらに、この写真の場所に供えられていた大砲が、日露戦争時の203高地に運ばれていったそうです。

DSCN7188.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

しまなみ海道・来島大橋を雲上から眺める(動画紹介)

来島大橋を亀老山展望台から眺める。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
メッセージを送る