So-net無料ブログ作成
検索選択

ドイツ最高峰からの眺め [ヘルスツーリズム関連記事]

s-DSCN1626.jpg

ドイツ最高峰にある、プラトー(頂上平原)の景色です。

s-DSCN1628.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

クアパークは、総合リフレッシュセンター? [ヘルスツーリズム関連記事]

ドイツのクアパークには、野外劇場やコンサートホールまであり、まさに芸術で心身を癒す、といったドイツならではの発想かな?

s-DSCN1692.jpg

s-DSCN1694.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

美人の指導者!!気候性地形療法実践編 [ヘルスツーリズム関連記事]

 s-DSCN1725.jpg

気候性地形療法のプログラムに出発です! なんと、24歳の美形ドイツ女性が気候療法士でした。

こんな指導者であれば、なんでも言うこと聞いちゃう! くらい、素敵な女性でした。

ガルミッシュの町からバスで約1時間。とある湖の湖畔の散策道を7キロ歩きます。高低差はほとんどない、よく整備された道でした
...
彼女の説明によると、気候性地形療法は、次のように要約できます

大きく分けると5つの柱となる。

1:持久運動
2;気候要素
3:休養
4:理学療法
5;健康教育

治療のためのこれらの要素は、負荷と休養を交互に繰り返すリズムで、
希望者や参加者、患者に適応したプログラムを担当医師が処方し、気候療法士の指導の下で実践するという。

今回の7キロのプログラムにも私以外に7名の参加者がいまいた。
その中には、毎年参加するという、フランクフルト近くで開業して
いるリハビリが専門のお医者さんもいました。

また、気候療法の医師から処方されたプログラムを実践している
70歳代の老夫婦もいた。さらには、スイスのツエルマット近くか
登山ガイド業経営者シンポジウムに参加したのち、このプログラム
参加した夫婦もいた。

このセラピーの詳細は、フェイスブックでは書ききれないので、帰国後に
なにかの媒体にて紹介していきましょう。また、私が事務局長を
務めている、日本ホリスティク医学協会広島にて、ドイツ代替療法
報告会を開く予定にもしています。

明日は、クナイプ療法の聖地・バードヴェーリスフォーフェンへ
日帰りして下調査してきます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

年明けには、再びトルコへ・・。 [清水代表に関連する記事]

ドイツに滞在中に、ほぼ決定したことがあります。

それは、来年の年明けには、再びトルコへと渡航することが決まりそうです。それも、可能性的には、中東のドバイを経由、というより、ドバイにて半日の滞在をしながらのトルコ行きになりそうです。

本年の2月には、山田虎次郎という、痛快な人生を送った明治人の足跡を確認しに、トルコへ渡航したことは、ブログ上にても報告済みです。

坂の上の雲の主人公・秋山真之にも非常に縁の深い人物である、この山田虎次郎、なかなかの人物なのです。トルコ軍艦エルトゥールル号、というキーワードでも検索してみてください。この虎次郎さんの物語を垣間見ることができるでしょう。

現代人の100人分くらいの人生をイスタンブールで送っているのです。今回は、その虎次郎さんにも関係の深い、関西の財界(それも女性で構成される)の重鎮の方々とご一緒します。

ドイツにも、トルコからの移民の方々が、ミュンヘンを中心に多く住まわれています。トルコ人にとって、ドイツはユーロ圏の中でも、非常に親近感があるのでしょう。日本とドイツも同じように国民気質の上からも似ているのかもしれません。

そして、日本とトルコの関係・・・、その関係性の上で、山田虎次郎さんが果たした役割は、非常に大きいのです。ご興味のある方は、山田宗有というキーワードでご検索下さい。貴方の前に、破天荒な人生が展開してきますよ!

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

気候性地形療法2 [ヘルスツーリズム関連記事]

s-DSCN1755.jpg

こんな素敵な森の中の道を歩きます。

s-DSCN1761.jpg

湖畔の小屋で一休み・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

気候性地形療法とは・・・。 [ヘルスツーリズム関連記事]

 
s-DSCN1712.jpg
気候性地形療法のプログラムに出発です! なんと、24歳の美形ドイツ女性が気候療法士でした。

こんな指導者であれば、なんでも言うこと聞いちゃう! くらい、素敵な女性でした。

ガルミッシュの町からバスで約1時間。とある湖の湖畔の散策道を7キロ歩きます。高低差はほとんどない、よく整備された道でした
...
彼女の説明によると、気候性地形療法は、次のように要約できます

大きく分けると5つの柱となる。

1:持久運動
2;気候要素
3:休養
4:理学療法
5;健康教育

治療のためのこれらの要素は、負荷と休養を交互に繰り返すリズムで、
希望者や参加者、患者に適応したプログラムを担当医師が処方し、気候療法士の指導の下で実践するという。

今回の7キロのプログラムにも私以外に7名の参加者がいまいた。
その中には、毎年参加するという、フランクフルト近くで開業して
いるリハビリが専門のお医者さんもいました。

また、気候療法の医師から処方されたプログラムを実践している
70歳代の老夫婦もいた。さらには、スイスのツエルマット近くか
登山ガイド業経営者シンポジウムに参加したのち、このプログラム
参加した夫婦もいた。

このセラピーの詳細は、フェイスブックでは書ききれないので、帰国後に
なにかの媒体にて紹介していきましょう。また、私が事務局長を
務めている、日本ホリスティク医学協会広島にて、ドイツ代替療法
報告会を開く予定にもしています。

明日は、クナイプ療法の聖地・バードヴェーリスフォーフェンへ
日帰りして下調査してきます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

クアパークの案内に、太極拳が・・。 [ヘルスツーリズム関連記事]

ガルミッシュのクアパークの案内板に、太極拳が・・。

s-DSCN1719.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「モモ」の作者の生誕地なんです。 [ヘルスツーリズム関連記事]

s-DSCN1699.jpg
気候性地形療法のプログラムに参加してきました。

その前に、朝一番でホテルからとある場所に出かけてきました。その場所とは、クアパークと呼ばれる街中の森公園でした。クアパークとは、街中においても「気分・気持ち」を癒してくれるアクティビティが用意されている公園なのです。

ガルミッシュ・パンテルキルフェンの街中にも、その公園はあるのです。公園内には、静かに思索ができる場所や、散策できる場所、そして観劇する劇場、野外コンサート広場、などなどが複合的に配置されています。
...

そして、このガルミッシュ・パンテルキルフェンのクアパークだけにあるものを確認してきたのです。それが、写真のものです。そうです。「モモ」を書いた、ミヒャエル・エンデさんです。

なんと、このガルミッシュの町で、エンデさんは生まれているのです。クアパークの中には、エンデさんゆかりのオブジェなどが静かに刻を育んでいます。「モモ」に出てくる、「亀」のオブジェもありました。
s-DSCN1702.jpg

すでに、お解かりでしょうか?なぜ、ガルミッシュが気候地形療法の聖地としてドイツ中の人が集ってくるのか・・? ドイツ最高峰やドイツアルプスの自然環境だけでなく、ミヒャエル・エンデさんの「時の刻み方」への哲学する気持ちが、この町へ足を向けさせるのでしょうね
続きを読む

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ドイツアルプスを歩く! [ヘルスツーリズム関連記事]

清水代表は、今頃、ドイツアルプスで、このような歩き方をされているのでしょうか???(事務局)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ドイツ最高峰への日帰り旅行・その1 [ヘルスツーリズム関連記事]

s-DSCN1605.jpg本日、ミュンヘンからガルミッシュパンテルキルフェンに移動し、その日の内に、ドイツ最高へと登頂してきました。頂上からは、オーストリア(インスブルック方面)やイタリア方面の山々まで見渡すことが出来たのです!!

s-DSCN1600.jpg

田園風景の中をアプローチしています。

s-DSCN1605.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ドイツの気候性地形療法 [ヘルスツーリズム関連記事]

 s-DSCN1649.jpg

本日、ドイツ時間の朝10時から夕方16時まで、気候療法士という資格を有する人と共に、気候性地形療法のコースを歩いてきます。非常に興味があります。

どのようなマネージメントの上でのプログラミングなのか。予防医学的な観点から、その土地の持つ地形や気候性を加味しながらの、歩行を中心とする代替療法なのです。

私が居住している中国地方山間部の自治体でも、来年から「森林セラピー」のモニタリングツアーが開始されます。こちらは、どちらかというと「メンタル面」での予防医学的観点からの療法プログラムとして有効性が実証されつつあります。

ドイツでの気候性地形療法は、どちらかというと、フィジカル面での予防医学的観点からのアプローチなのかもしれません。このメンタル面、フィジカル面、どちらも今後の日本における予防医学、そして医療費削減の手法として、必ずや注目されてくるはずです。

明日には、実際にプログラムに参加した上でのレポートができるはずです。

写真は、そのプログラムが予定されている湖周辺の俯瞰写真です。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ドイツで理屈をコネル? [ヘルスツーリズム関連記事]

 s-DSCN1664.jpg

ドイツ最高峰からオーストリア、イタリア方面の展望です。このようにヨーロッパアルプスの東側を俯瞰していますと、ヒットラー何を思いながら、オーストリア併合やイタリアとの連合を考えていたのか、などなどに思いを馳せることができます。ヒットラーの別荘も、ドイツアルプスの中にあり、同じような光景を眺めていたはずでしょう。

ヨーロッパに来ると、意外にも平野部がおおいことに気が付きます。ドイツでも、ミュンヘンなど南部でもずいぶんと平野部が多いのです。山有り、谷有りの地形に目が慣れている日本人には、このヨーロッパの地形が持つ景観にまず違和感とともに、ヨーロッパ的魅力も感じることでしょう。

この平野部が連続するヨーロッパ的景観を、明治時代にこれらの国(主にはドイツでした)に留学した若き日本人たちは、どのように感受していたのでしょうか?
... 一説には、「自然」という言葉とその概念を結びつけたのは、ドイツへ医学の留学経験のある、森鴎外であったといわれています。ドイツ語の「Natur」を日本語の概念としてすでにあった、「自然」に翻訳したといいます。それまでの「自然=じねん」とは、「おのずから、しかりなり」という日本独特の森羅万象を受け入れる概念でした。

その概念を表出する言葉「自然ーじねん」を「Natur」の訳として使用した・・。
森鴎外は、明治時代ドイツにて、平野部の多い地形的景観とそれに接するドイツ人の自然への哲学的思考を「おのずからしかりなり」と同様の世界観としてとらえていたのだろうか。

それであれば、この平野部の多いヨーロッパ的光景も、視覚的違和感を飛び越えて、心情的共鳴感が湧いて来ようというものである。

いかんいかん、ドイツに来ると、いつも理屈っぽくなるな・・・。
続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

遅ればせながら伊豆の研修風景2 [ヘルスツーリズム関連記事]

s-DSCN0984.jpg

関西学院大学3年生のOさんの手書きのプレゼンテーション! なんでも、この年齢の女の子は、可愛い! と言ってしまうのは、おっさんになった証拠でしょうか・・?

s-DSCN0986.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

どこか、似ている・・・。チロリアン・アルプスに。 [ヘルスツーリズム実践報告・山や旅の報告レポート集]

昨日、ドイツ最高峰のツークシュピッチェに登って来ました。そのアクセスの途上、素敵な田園風景の中を電車が走りました。その際、どこかデジャブを感じていたのです。

ん~、どこかで見たような・・。 すぐに思い出されました。オーストリア西部にあるチロル地方の風景なのです。落ち着いた、そして流行惑わされないぞ、という秘めたプライドのようなものが、風景のそこかしこに感じられるのです。

それもそのはず、現在滞在している、ガルミッシュ・パンテルキルフェンの町は、オーストリアとの国境近くにあり、この鉄道駅からインスブルックへの電車が発車するのです。冬季オリンピックが開催されたオーストリアのインスブルックまで、ものの1時間圏内なのです。

ドイツの名誉のためにも言っておきましょう。このガルミッシュの町も、冬季オリンピック開催された町なのです。私の宿泊するホテルから、オリンピックスタジアム(スキージャンプ台)が目の前に見えるのです。落ち着いた、大人の町といっていいでしょう。

町を歩く人の3人に一人は、山歩きの服装をしています。老若男女、多くの人がダブルストックを持ちながら歩いています。登山基地でもあり、なおかつ転地療法(自然環境を活用した)の町でもあるのです。

町の中心地には、クアパークという名前の総合的(心身の治療施設や文化施設の複合体)空間があり、その中心にスパ施設もあるクアハウスがあります。いってみれば、山岳・田園景観保養地といっていいでしょう。

日本でも、このような長所利点を取りいれた、中山間・里地里山景観保養地のネットワーク網を創っていければと構想中です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ブナの森のオブジェ群・その4 [ヘルスツーリズム実践報告・山や旅の報告レポート集]

162.jpg

誰にパラサイトしているの・・? そうだね、みんなが、みんなに、パラサイトかな・・?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

遅ればせながら伊豆の研修風景1 [ヘルスツーリズム関連記事]

s-DSCN0981.jpg

グループディスカッションの風景です。

s-DSCN0983.jpg

そうです!この可愛い女の子が、関西学院大学の3回生、この日のマドンナでした!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

世界的に有名なお城 [清水代表に関連する記事]

清水代表は、ドイツにて、世界的に有名な、ノインシュタイバイン城も訪れる時間をつくられるとか・・・?(事務局)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ドイツで川喜田二郎を読む1 [推薦本コーナー]

01.jpg

今、ミュンヘンにおります。ドイツで川喜田二郎さんを再読しています。(代表)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ミュンヘンより [ヘルスツーリズム関連記事]


現在ミュンヘンに到着しました。ミュンヘンは、年に一度の賑やかな収穫祭の期間てあり、街中にバイエルンの民族衣装を着た人が繰り出しています。また、夜中中、サイレンを鳴らした警察車が走り回ております。明日は、クナイプ療法の聖地を下調べした後、ドイツアルブスのガルミッシュパンテルキルフェンへと移動し、気候性地形療法の視察を4日間かけて行う予定です。その途中で、大学院の指導教授と合流して、ドイツの自然を活用した代替療法について調査する予定です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

代表はこんな場所にいます・・。 [ヘルスツーリズム関連記事]

清水代表は、ドイツ南部、アルプスの山麓のガルミッシュ・パンテルキルフェンという、舌をかみそうな町におられます。この町は、映像にあるような町なのです。(事務局)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。