So-net無料ブログ作成

「神」と「私」・・。

日本では、伝統的に、自然を人間の外に展開する客観的なものとしてとらえる発想がなかった。

ただし、すべての自然がそうなわけではない

。山奥には、自然の力だけで展開する自然が存在する。

それが人智を超えた自然であった。その自然は人里の生活に危険を与えないがゆえに、つくり変える必要のない自然でもあり、純粋な自然である。

そして、人々はこの全体の中に生命の流れを見た。

純粋な自然から里へとおりてくる生命の流れである。

(中略)

だから、「神」は純粋な自然としての奥山、霊山に暮らしながら、つくり変えられた自然の中にも水神や山神として暮らし、さらに里にも「田の神」や「土地神様」として暮らす。

人の考えたことは間違うことがある。その理由を、人々は、人間には「私」があるからだと考えた。

「私」があるから私の欲望も生まれるし、私の目的も生まれる。そういうものに影響されながら思考するとき、人間は純粋さを失い誤った判断を下す。

この思いが、自然を清浄としてとらえる心情をつくりだした。

穢れを捨て去れないのは人間の側なのである。自然は人間が還っていきたい願いとともに存在する。

9144397.jpg

9144409.jpg

内山節著・日本人はなぜキツネにだまされなくなったか、より抜粋)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

山歩きは知的な活動・・。

この半世紀、登山形態と登山層がすっかり変わった。

最近では、山の頂に立った数が山男のステータスとか・・・。頂が登山の目的であれば実にもったいない。登るという行為のほか、山には素晴しい知的な文化が潜んでいる。

頂でも、峠でも歴史があり、樹林帯や湿原にも自然科学がある。

登山ほど多岐にわたる文化は他になかろう。それが登山の魅力につながるものだ。

山の写真を撮り、ファインダーから見てきたものは、季節の移ろいの中で見た素晴しい山の自然、山頂に立った歓喜、広がる雲海、荘厳なご来光や夕焼け、迫りくる岩峰・・・。山の素晴しさを写真におさめ、人に見せ共に感動する。それも山の魅力の一つだ。

山の魅力を倍増させるなら、山プラス・アルファを持つことだ。アルファとは、カメラでも、スケッチでも、自然観察でも結構。山は知的な遊びだ。

11382270.jpg

羽田栄治・映像記録プロデューサー


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダライ・ラマ政治的引退、亡命政府が憲章改正

ダライ・ラマ政治的引退、亡命政府が憲章改正

読売新聞 5月29日(日)22時13分配信

 【ニューデリー=新居益】インド北部ダラムサラにあるチベット亡命議会は28日、亡命政府の憲法に相当する憲章を改正した。

 これにより、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(75)は政治的に引退し、自らが持つ政治権限を亡命政府首相らに移譲する法的枠組みが確立した。

 亡命政府幹部によると、新憲章では、ダライ・ラマが持っていた行政執行権や法律の承認権限が首相に移譲された。また、中国政府との対話に臨む「ダライ・ラマ特使」についても、これまでは内閣の推薦に基づいてダライ・ラマが承認していたが、今後は内閣が指名することになった。

 高齢のダライ・ラマは今年3月、自らの死後に政治的空白が生じる事態を避けるため、政治権限を移譲し、宗教活動に専念する意向を表明していた。亡命政府は今後、8月に新首相に就任するロブサン・センゲ氏を中心に、強力な指導体制づくりを目指す。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

自然界に宿る「たまゆらの輝き」

山の自然の中には、「この場所を生きる」という野生本来の姿があります。

 IMG_9715.jpg

花かげに見る輝きの表情を、時同じく生きる ‘ありのまま‘ を和紙のなかにとどめたいと願うのです。

 

花開くその季節の短さゆえに、ようやく支えつないだ玉の緒が、ことさらいとおしいと思う製作の時間です。

 

自然界に宿る「たまゆらの輝き」を拾い集め、真情を尽くして、描くことに長い時間をかけるほど、さらに深く静かに心が満たされてゆくものです。

 

歩みの道程は先に進むことがなくとも、その場所にそっとすわって見つめること。瞬間(とき)を描き出すまでに過ごす時間(とき)。それが山と私の大切なかかわりです。

中川珠世・象嵌和紙絵画

inlay-sg1-a.jpg

中川珠世さんの紹介です。 白馬在住の象嵌和紙絵作家。


 学生時代に唐松岳頂上山荘でのアルバイトが縁となり、その後、同山荘に勤務。  1984年頃から、高山植物保護への願いを込めて切り絵の制作を開始。稜線での生活から得たテーマは、常に周囲の大自然にあり、その作品は、山の美しさ、自然の大切さ、高山植物に対する愛情、高山の生き物たちの尊さを、多くの人と共に考え、山の素晴らしさを心から共有したいという気持ちから生まれている。 独自の手法は、「切り絵の世界」から「和紙の象嵌画 ペーパーインレイアート

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

日本の森を読む?

DSC04825.jpg

サライの最新版です。昨今の雑誌(季刊誌などを中心に)では、自然のことや仏教、神社などの特集が多いのに、気がつきませんか・・? 私見ではありますが、それは、3月の震災以降の雑誌社側の思いが反映されているような気がしてなりません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ちょっとした買い物。シリーズビデオ

DSC04827.jpg

DSC04828.jpg

ちょっとした買い物、とタイトルに付けたので、『結構値が張るものを買っちゃったのかな?』と思われた方もいると思いますが、実は『2000円』程度でした。

その2000円で10枚のDVDが入っています。内容は、スリランカ在住の未来学者・アーサー・C・クラーク博士が監修する、地球の謎を旅するといったものです。

買ってすぐに、イースター島のモアイ像に関する巻を見ましたが、これがなかなか面白いのです。30分弱の長さですが、気持ちは、すっかりイースター島に旅することができたのです。

まだまだ9巻を見ていません。楽しみです。2000円程度で10日間世界のミステリーに船出することができるのですから・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

最近の読書本・・。その1

DSC04819.jpg

最近呼んでいる本をまとめて紹介するシリーズです。今日は3冊をご紹介。

DSC04820.jpg

DSC04821.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

場からの響きに耳を澄ます・・

いま、僕は山や森の中に歩みいり、場からの響きにこころを澄ますことに、

限りない魅力を感じている。

一歩一歩、一息一息に全霊をこめて、森から山へと歩み入る。

鳥たちのさえずり、風の声、木々のざわめきが聞こえる。

やがて、こころが静まり耳で感受している音だけでなく、場そのものからの響きが胸のあたりで感じられてくる。

それに触発されるかのように自身のいのちの響きも鮮明になってゆく・・・。

外なる響きと内なる響きのハーモニー、それはやわらかで、とてもあたたかなひかりのよう。

僕を山へとむかわせてきたものはこれだったのかもしれない。

102576[1].jpg

戸高雅史・日本を代表するアルピニストです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

五感を働かす・・、とは?

山を歩いていると、心の棘がぽろりと落ちた、と感じる瞬間がある。

その瞬間、日々の生活の中で積もっていた圧迫感や苛立ちから解放され、心が息を吹き返す。

そう、私にとっ山は「禊」の場でもあるのだ。「五体と五感をフルに使って楽しめる」というのも山の大きな魅力のひとつだろう。

一歩進むごとに周囲の状況が変わる。

アスファルトの上を歩くのとは違って、石をよけ、木の根をよけ、せせらぎを渡り、安定した岩を選んでそこに足を置き、時には手も使い、刻々と変化する状況を瞬時に見極めて適切な判断を下さなければならない。(中略)

また、山は私にいろいろなことを語りかけてくれる。

山から眼下に人の営む世界を見渡すと、日頃あくせくしている街や人というものが、なんてちっぽけなんだろうと思う。

「渦中にあっては出口が見えないことでも、鳥瞰すればどうってことないんだよ」、

そういわれているような気がしてくる。「肩の力を抜いて、大きな視野で物事をとらえてごらん」と。

さらに、遠望しているときには、ただ、「山」としか映らなかったものが、実際歩いてみることによって、岩稜、沢、滝、木々、草花、鳥、動物と、実に様々な表情に出会えるように、

「何事も、自ら飛び込んでいかなければ、本当の姿は見えないんだよ」と教えられているようでもある。

山の魅力は、とうてい語り尽くせそうにない。

流す汗とともに、心に溜まった垢を浄化してもらいに、私はまた山へもどってゆくのだろう。

葛城奈海・女優


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ピラミッド17基発見=衛星画像で米研究者解析―エジプト

ピラミッド17基発見=衛星画像で米研究者解析―エジプト

時事通信 5月27日(金)5時40分配信

 【カイロ時事】
英BBC放送(電子版)は26日までに、米航空宇宙局(NASA)の衛星が写したエジプトの赤外線画像を米研究者が解析し、首都カイロ南方サッカラなどで古代エジプトの未発見のピラミッド17基を特定したと報じた。
既に発掘調査が行われ、うち2基については存在が確認されたという。


 米アラバマ大学バーミングハム校のエジプト学者サラ・パーカク博士が調査を手掛けたもので、ピラミッドのほか、1000カ所以上の墓所や約3000カ所の住居跡も見つかった.

==================================

世の中、わかっていない未知の世界がまだまだあるのですね。だからこそ、生きていることが、面白くなってくるのでしょうか・・?(事務局)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

タタラ鉄の路を歩く・最終回

IMG_9735.jpg

タタラで財をなした田部家が整備した町並み・・・。統一感があり、緩やかな坂道が情緒を誘います。

IMG_9736.jpg

ここが、田部家の土蔵群です。古文書や宝物が満載されていたのでしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

タタラ鉄の路を歩く・14

IMG_9732.jpg

眼下に見下ろしているのが、タタラで財をなした田部家の企業城下町・吉田の町並みです。

IMG_9734.jpg

いよいよ、吉田の町へとはいっていきます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

タタラ鉄の路を歩く・13

IMG_9729.jpg

さてさて、このトンネルを抜けると・・・、どこに出るのかな?

IMG_9730.jpg

なんと、島根県の名峰・大万木(おおよろぎ)山方面の眺望が展開しています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

アーユルベーダーの真髄を探る(健康セミナー)

昨日、日本ホリスティック医学協会広島が主宰する、健康セミナーがありました。

IMG_9778.jpg

今回の講師には、南インドの伝統医療である、アーユルベーダの指導者、カルキ・パラメソールさんにきていただきました。カルキさんは、ホリスティック医学協会の会員でもありますが、ヒマラヤ山脈を抱く国・ネパールのご出身の方でもあります。

IMG_9783.jpg

20年前に日本の女性(広島出身の看護師さん)とネパールでの医療関係のお仕事で知り合われ、縁あって広島の地に居を構えられました。もともと、カルキさんは、アーユルベーダの指南者を輩出している家系のご出身でした。現在、御兄弟がヒマラヤ山麓の山村で、薬草園やヨガ・呼吸法の指導する道場などを運営されているそうです。

IMG_9785.jpg

カルキさんによると、アーユルベーダがなぜ5000年間継承されてきたのか、その最大の理由は、「非常にシンプルな真理であった」ことによると言われています。そのシンプルではありながら、哲学的な根本理念をまるで禅問答のような講義の進め方で、やさしく解説していただきました。

現代の日本で普及している、表面的なアーユルベーダーの実践論を展開する前に、基本理念の項目でもある「セルフヒーリング」と「セルフケア」に関する意味の深さを知ることの大切さも話されました。アーユルベーダーは 「いかに自分らしく生きる」ための処方として息づいてきた、とも語られました。

IMG_9788.jpg

講義の中間には、休息と眠気解消も含めて、カルキさんの指導で「片鼻呼吸法」の指導もありました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

タタラ鉄の路を歩く・12

IMG_9723.jpg

見事な人工林の中を山道を歩きます。

IMG_9727.jpg

唐突に、道路に出るのですが、昔はこの道路沿いに生活道があったそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

9550年生きている木って・・?

世界で一番古い木なんて聞くと、屋久島の縄文杉のような巨大な大木を想像しませんか?

何千年もの存在感を体現してるような、そんなイメージですよね。ところがこのクリスマスツリーに似た世界一古いと言われる木は、高さがたった4mほどしかない細い木です。

しかしこの木は、わかっているだけでも樹齢9550年だと言うから驚きです.

5a3a1c58.jpg

この木の年齢を調査した結果によると、見えている上部はそれほど古代のものでもないのですが、その根は少なくとも9550年も成長を続けているのです。

2004年に発見されたこの木はノルウェー・スプルース(えぞ松に似た木)と呼ばれヨーロッパではクリスマス・ツリーとして各家庭を飾ってきました。しかし植物の中で一番長生きをしてきたこともわかりました。

高度910mの位置で発見されたこの針葉樹の長寿の秘訣は、その根のクローンシステムにあると言われています。このスプルース(Norway spruce)という名の木の茎は600年くらいの寿命があり、茎部が死ぬと同時に根から新しい茎が息づいて出てくるのだそうです。

スウェーデンは11000年前までは氷河期の最後の時代として国を氷の層が覆っていたため、9550年前より前から生きていることは不可能だとしています。

それまでの調査ではスプルースは2000年くらい前に入植されたと考えられていたので、今回の調査結果によってテキストを書き直えることになりそうです。

継続してずっと生きながらえてる木で一番古いのは、カリフォルニア州のホワイトマウンテンにある松の木で約5000歳と見られています。この木の樹齢は年輪から測定されていますが、スプルースの場合は根っこは一緒でも幹は生え変わるので、放射性炭素年代測定をしています。

他にも同じような木のクローンを作り出すことで生きながらえている木があるらしく、タスマニアにある松も1万年以上経っているかもしれないと言われています。

何千年も経ち続けている木というのが想像つきませんね。古代から生命が途絶えずに生きながらえているとはなんとも不思議なものです。

そういえば、世界遺産屋久島の屋久杉のシンボルともいえる縄文杉(じょうもんすぎ)は、樹齢7千年だと話題になっていた記憶なので、気になって調べてみました。

Wikipediaによると諸説あるものの、現時点の定説ではこのようです。「約7300年前に鬼界カルデラから広がった幸屋火砕流によって、屋久島を含む九州南部諸島の大型植物は全滅したと考えられており、縄文杉の樹齢は古くとも4000年以上はさかのぼらないとするのが定説になっている。」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

タタラ鉄の路を歩く・11

IMG_9712.jpg

いよいよ、菅谷タタラ集落から、山道を歩いて、タタラ財閥のひとつ、田部家の企業城下町であった、吉田町へとトレッキング開始です。

IMG_9715.jpg

新緑が目に痛いくらいの鮮やかさでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

山中を漂白する人々とは・・。

中国(注:中国地方のこと)の山中には、砂鉄が出るということによって、それを精錬する技術を持った人々が入り込み、そこに新しい文化をうえつけた。(中略)

さて、製鉄の技術がすすみ、多くの鉄が生産され、これをきたえて良質の鋼ができるようになると、それによって刃物をつくり、刃物を利用して木器がつくられる。

木器をつくる人々を木地屋といった。木地に適する木のある所を見つけて、転々として山の中を移動してゆく。

木地に適する木は、ヒノキ、サワラ、ツガ、ブナ、トチなどであった。

そういう木は中国地方では山脈の脊梁筋に多かった。

そこで、そういう所に住居を定めて、木を切りつくすと、またよい場所を見つけて移ってゆく。

こうした木地屋仲間はいまでは大てい定住しているが、広島県山県郡や、岡山県と兵庫県の境あたりにはことのほか多かったのである。

砂鉄をほったり、炭をやいたりする人たちも、やはり山を渡り歩く。この行動半径は、はじめのうちはあまり大きかったとは思えないが、ずっと後になると次第に大きくなってくる。

規模が大きくなると原料も多くいり、そのために、つぎつぎに条件のよい山を探し求めてゆくようになる。

宮本常一著・中国風土記より抜粋)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

清水代表・大学での講義風景

IMG_9773.jpg 

本日、清水代表は、広島修道大学の非常勤講師として講義をされました。この非常勤講座は、修道大学の人間環境学科の2年生から4年生までを対象とした、広島学シリーズ講座の一環だそうです。すでに、3年も前から講義をもたれているとのことです。本日の講義は、「グローカルな発想」というタイトルでの授業をされたようです。

IMG_9774.jpg

代表によると、次回には実際にフィールドに学生を連れてゆくような講義も新たにプログラム化される可能性があるとか・・? 実際に、学生さんと一緒に里地里山へ出掛けるのも楽しみですね。今日の講義の内容については、後日代表がブログ上にてご紹介されるつもりだそうです。(事務局)

IMG_9775.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

世界の幸福度。最新結果!

「より良い暮らし指標」を開発=豊かさ、花びらで表示-OECD

20110524ax08b.jpg

 ブータンが提唱する「国民総幸福(GNH)」など、国内総生産(GDP)とは異なる尺度で豊かさを測る新たな指標が注目される中、経済協力開発機構(OECD)は24日、国民生活の豊かさを表すことを目的に独自に開発した「より良い暮らし指標(ベター・ライフ・=BLI)」を発表した。


 加盟34カ国を対象に、雇用や健康、環境など11の評価項目を花びらに見立て、視覚的に表現したのが特徴。各項目の評価が高ければ、対応する花びらも大きくなる。


 花の形や大きさは各国さまざま。日本は「安全」や「教育」の花びらが大きい半面、「ワークライフバランス」や「生活満足度」が小さく、ややいびつな花となっている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

タタラ鉄の路を歩く・10

IMG_9702.jpg

この窓ガラスも、材質としては日本のガラスの元祖クラスのようです。

IMG_9705.jpg

IMG_9706.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。